12月上旬のことだったがズラズラと書いておく。  (あとで少し書き足す予定)

2019年 師走
慌ただしい日々の中、慌ただしく「iPhone 11 Pro」をゲットした。
 
今からちょうど2年前の 2017年12月 のある日に「iPhone X」を購入した。 前機種の「iPhone 6」のディスプレイパネルパッカーン!が原因で買い換えた。
このことは過去に記事にしてある。
 
… そして月日は流れぇ〜。
 
「2年が経つのかぁ~。」
「バンパーケースを外して掃除でもするか」と思い作業開始。
 

がぁ~~~! 、ぬぁ~んと!、

iPhone X のディスプレイパネルパッカーン(以下、パッカーンと言う)が判明。 しかも、前回より開き方が酷くて、しばらく使い続けたとしても動作停止の発症リスクが大きい状態だった。
結構、ショックでハイテンションになってしまったw
パッカーンは、いわゆるバッテリー膨張によってパネルが浮き上がってしまった症状だが、今回は本体内部の金属ステーやバッテリーが見えるくらいの状態になっていた。
 
iPhone 6 以前の機種はガラスが浮き上がってもちょっと指が引っ掛かる感じだったが、iPhone X は本体内部の金属ステーやバッテリーが見えしまっているぅ~。
 
これまで、iPhone5(2台), iPhone 6, そして iPhone X の計4台すべてでパッカーンを経験してきた。 発生個所はどの機種も同じで、iPhone本体のボリュームボタン付近だ。
 

iPhone使用開始からパッカーン発症するまでの期間は…

 

iPhone 5 3年 *BTリコール交換後から
iPhone 5 5年
iPhone 6 3年
iPhone X 2年

…だった。

今回、記念すべき10周年モデルの iPhone X が過去最速で発症した。
これは別の意味で記念すべき出来事だw

iPhone X を使いだしてから外出先で撮影素材を転送するケースが増えたから、バッテリーを酷使したことによる影響もあるだろう。

だが、1ヶ月に2回程度、転送時間は最大で3分程度だったから、「そんなに酷使と言う酷使では…」な感じ。 だから、購入から2年で発症したことには正直驚いた。

 

悪夢と言うのか、ツイてない時はツイて無い

iPhone X を使い始めて2年しか経過していないから、買い替えは二の次にして、パネルが開いた部分をコーキングして使っていこうかと考え始め、パッカーンの高さやパッキンの状態を確認していた。
すると、またまた別の問題が発覚してしまった。
 
それは、一瞬の出来事だったが見落とさなかった。
 
なんと!、手も触れていないのに「ディスプレイがブラックアウト」した。 液晶が再点灯する時もノイズが出た。明らかにスリープに入る状態ではなかったので「マジかい!、これは不味い!」と感じた。
なんだかなー。
まったく、もうぉー、どうして毎回師走にパッカーンが起こるんだ?
4連荘、国士無双、ツモ一発、SONYタイマー、と訳分からんこと書いちゃうくらいメンタル低下。
Appleのダークサイドに引きづり込まれている感じがした。
パッカーンの部分は、バンパーケースの縁である程度隠れるから水分の直接流入は一応防げそう。 ただ、ブラックアウトを見ちゃったのは結構痛かった。
数日後に控えていたプレゼンで iPhone X を使用しなければならず、そこでブラックアウトになるとヤバい。・・・ツイてない。(悲)
 
どうしようか、超ぉー悩んだ。
当初、来年秋の新型 iPhone で買い替えを検討していたけど、状況が状況なのでそうも言ってられなくなった。 ワタクシの場合、SMS・SNS・メール・なんちゃらペイ系が1日でも使えなくなると、ジョブ的にちょっと不味いのです。
 
当然、パネル修理も考えたけど、修理費用が平気で 3.5諭吉が必要になる。仮に2年後にまた同症状が発生してしまうと、修理対象外の機種になっているかもしれないから、その時はおそらく新品ゲットする必要がでてくる。
この2年間を使い方も含めてどう考えるかだ。

超悩んだw、真面目に悩んだw

・・・悩んだ結果、「泣く泣く」、エマージェンシー物欲を発動させて、iPhone 新機種を購入することにした。
 
でも、少しの嬉しさはあったのだw
 

勇気を持って「ポチっ!」た。

新機種購入を決断したので、AppleStoreアプリから勇気を出して「ポチっ!」…して配達手続きをしようと思った。
だけど、パッカーン4連荘を経験し発症状態がどれも同じであったことから、Apple に伝え、世界の iPhone ユーザーが幸せになるようにしたいので、Apple Pay で「ポチっ!」てから、Appleストア で受取ることにした。
そして、冬空の夜、Google Pixel presents Magic Illumination を横目に、あの聖地で無事にゲットした。
実機を手に取ると毎回思うのが、iPhone からは逃れられないと言う感触が必ずある。
製品の質感、セットアップ時のインターフェースの良さ、旧機種との連携などがシンプルでイージー。
言葉で書くと「おーーー!」って言ってしまうような感じ。
 

まだ使い続けたかった iPhone X だが、バッテリー絡みの事案は早めの対処が必要だ。 パッカーンが酷くなってブラックアウト化する前にバックアップを二重三重に保存しておくことのほか、新機種へのセットアップの時まで本体が正常稼働していることが大事。
 
予定外の出費で痛いのだが、でも心はハッピー!と言う訳分からんメンタルな状態。

これも Apple Magic かw
 
iPhone 11 Pro(256GB)
さぁ~、これから最低2年wは使うぞ!
そして、ビール代、減らすぞ!